石切山手幼稚園
メニュー
教育方針
教育方針_内容 教育目標ページへ 園長メッセージページへ 教育内容の特色ページへ
保育について
保育について_内容 保育時間ページへ 1日のながれページへ 給食についてページへ
園の施設 園の施設
送迎バスルート 送迎バスルート
クラス紹介
クラス紹介_少中長 年少組ページへ 年中組ページへ 年長組ページへ
年間行事 年間行事
入園までの流れ 入園までの流れ
Q&A Q&A
園児募集要項 園児募集要項
園からのお知らせ
にこにこ教室のご案内
子育て支援
園庭開放
green
安全対策 個人情報保護 情報公開 採用情報 所在地 お問い合せ・相談
園長メッセージ
あふれる緑の中で“理想の幼児教育”を
石切山手幼稚園は1984年(昭和59年)、自然の緑が多く残る生駒山麓の中腹に誕生しました。
当園の特長の一つは、体育や音楽、絵画などの感覚教育に力を入れていることです。そのために、幼児専用の体育館や広い運動場など施設を整え、外部から専門の講師をお迎えしています。また、楽しみながら英語や茶道のマナーが身につくユニークな授業もあり、子どもたちはもちろん保護者の皆様からもご好評をいただいています。
私たちは、就学前の大切なこの時期を通して「おおらかで、明るく、たくましい子ども」を培うことを目標に、豊かな感受性を育て、創造力にみちた人間形成をめざす幼児教育に取り組んでいます。
                  学校法人 奥林学園
                        認定こども園 石切山手幼稚園
                         園  長   奥林 泰一郎
なぜ幼稚園教育が必要なのでしょう
幼児期は、一生の中で、人間形成上最も大切な時期です。
家庭がいかに恵まれ、居心地よいものであっても、教育上の観点からすれば、必ずしも最適とはいえません。むしろ、同年齢の集団のなかで切磋琢磨し、成長にあった教育を施すことが、自立を促し、豊かな社会性を身につけなければならないこの時期には必要です。
幼児期に幼稚園の集団生活に参加させることは、
という効果があります。
以上の点をもとに教育内容が組まれ、これを行うことによって、やる気(意欲)を育て、辛抱する力(忍耐力)を身につけることが可能となります。
また、集団生活の中で、子ども一人ひとりの長所はもちろん、短所も早期に見つけ、伸ばすところは伸ばし、発達を促していくことが大切です。
就学前教育に参加させることによって、次に来る義務教育の段階へとどこおりなく進める力を養う準備段階、これが幼稚園教育なのです。
↑ページトップへ
  Copyrights Ishikiri yamate Kindergarten All Right Reserved
TOPへ